スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

障害者の心理って!?

今日も全国的に寒い一日となりましたが、ここ静岡でも雪こそ降らないまでも寒さがこたえます。

そんな寒いさなか、普段ならこんな寒い日は極力外出は控えたいところだったのですが、あるガイドヘルパー(障害者介護ヘルパー)講習の講師に招かれ、介助犬さくらとともに出かけてきました。

ちなみにこの写真は帰りに撮った、駿府城跡地に復元された巽櫓(たつみやぐら)門と、介助犬さくらの横顔です(^_^)

ガイドヘルパー講師での僕の担当は、障害者(児)の心理について…ということだったのですが、世の中には多くの障害を持つ方がいて、その障害も、精神や、知的や、身体などの障害区分があり、さらに身体区分だけをもっと細分化すると、視覚や、聴覚、運動機能、内部障害、脳障害や、病気や、事故や、先天性(生まれた時から障害がある)や、後天性(人生の途中で障害を持つ)や、症状固定しているか進行性か等々、あげたらキリがありませんが、障害があることによって精神的に受けるストレス要因も様々なのです。だから、障害が重度とか軽度とかに関係なく、自分の障害を受け止められず毎日葛藤の連続という方がいたり、前向きに元気ハツラツの人もいて、本当に人それぞれです。

だけど大事なのは、他人がどうであれ、自分の障害がなんであろうと、自分がどう生きたいかの目標を持てるか否か、ということだと思います。僕自身障害当事者として、また、多くの障害を持つ人たちとの関わりで分かったことは、「自分の人生は自分のもの」ということです。これは我がままに生きるということではなく、自分の人生に責任を持って生き抜くこと、自分の人生を楽しくするのも苦しめるのも自分次第、ということではないか…ということです。

つまりこれは、障害があるとかないとかに関係なく、どんな人にも当てはまることだと思いますが、ある意味障害があることによってこういうことを真剣に考えられ、前向きに生きようと思えるようになったので、本当は障害を持つということは幸せな事なのかな…、なんて思えるようになった今日この頃の僕なのでした。


☆★☆ご訪問ありがとうございます!☆★☆
下記のブログランキングに参加しております。
↓クリックして応援してくださると嬉しいです!
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

MOCHIZOU

Author:MOCHIZOU
元々ほかのサイトで「ユニバーサルデザインと介助犬」というブログを開設していたMOCHIZOUと申します。
「ケイソンな車いす生活」をご覧頂きありがとうございます。
ケイソンとは頚椎損傷の略で、1991年のバイクによる交通事故によって頸椎を骨折した際の中枢神経損傷により頚椎損傷、つまり、手足や身体が麻痺して動かなくなってしまった「ケイソン」になりました。
今は、社会復帰して仕事にもつき、結婚もして、夫婦と介助犬のさくらと3人家族で暮らしています。
ゆる~く気まぐれに投稿しておりますので、ゆる~く、なにげな~くご覧になっていただければ幸いでございます。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。