スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

車椅子マーク駐車場03[高速道路SA]

東名高速サービスエリア内の車椅子マーク駐車場


僕は仕事やプライベートで東名高速道路を利用するのですが、その休憩場所として頻繁にサービスエリアを利用させて頂きます。高速道路を利用するドライバーなら、一度は利用した事があるとは思いますが、近年、様々な利用者を想定して、目覚ましく多様に改善されているってご存知でしたか?

昔はサービスエリアといえば、トイレや、食事や、仮眠場所などが主な利用理由だったので、いつ利用してもパッとしないトイレや、あまり美味しくはない食事などは当たり前で、利用する側からしてもサービスエリアに期待もしていなかったので、そんなものだろう…という事で、たいして気にもとめていませんでした。

ところが、最近のサービスエリアはどうでしょう?

いつ使ってもキレイなトイレに、サービスエリアごとに特色のある美味しい食事に、そこでしか買えない名物お土産や、行き届いたサービスや、遊園地や、温泉や、マッサージや、ドックラン等々、昔のサービスエリアからは想像もつかないほど劇的に使いやすく、また楽しい場所へと変貌しました。お陰で、ドライブも楽しくなり、サービスエリアに立ち寄る楽しみも増えました。

特に、僕達の様な車椅子利用ドライバーにとっては、東名高速道路のサービスエリアはとても使いやすい場所になりました。

昨今、全国にバリアフリーとかユニバーサルデザインを取り入れた施設や建物は数多く増えてきましたが、僕が思うには、東名高速道路のサービスエリアの利用しやすさは、かなりレベルの高いバリアフリー施設だと思います。

その象徴ともいえる設備が、この車椅子マーク駐車場です。

車椅子利用者にとって、外出時に何より困る事は雨降りの外出です。それは、車椅子を操作しながら傘をさす事が難しいからです。だから雨の日に、屋根なしの駐車場で自動車から車椅子に乗り降りすると、びしょ濡れになってしまうのです。

こちらの写真をご覧になって頂いても分かるとは思いますが、車椅子マーク駐車場から建物やトイレに行く通路には、全て屋根が付いているので、雨の日でも濡れる事無くサービスエリアを利用する事が出来るのです。全国に車椅子マークの駐車場は数多くありますが、屋根が付いていたり、隣接する建物まで屋根付の通路がある様な駐車場は、ごく稀にしか存在しません。だから、野外駐車場でこのような配慮をして頂いている駐車場は、とてもありがたいのです。

さらに、東名高速道路のサービスエリア内の、車椅子マーク駐車場はとても目立つ場所にあります。それは、車椅子利用者ではない者が利用し辛くする目的と、車椅子利用者が自動車に乗降する場面でトラブルがあっても、誰かに助けてもらいやすくする目的があります。ただし、車椅子利用者ではないのに車椅子マーク駐車場を利用する者は、それがどこにあろうが自分が楽だと思えば、それが誰の為の場所であろうと、何処であろうと、お構いなしに利用する様ですが…。

僕自身、人の振り見て我が振り直せで、車椅子利用者だからといって傲慢な振る舞いをしないように、常日頃から気をつけたいものです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

MOCHIZOU

Author:MOCHIZOU
元々ほかのサイトで「ユニバーサルデザインと介助犬」というブログを開設していたMOCHIZOUと申します。
「ケイソンな車いす生活」をご覧頂きありがとうございます。
ケイソンとは頚椎損傷の略で、1991年のバイクによる交通事故によって頸椎を骨折した際の中枢神経損傷により頚椎損傷、つまり、手足や身体が麻痺して動かなくなってしまった「ケイソン」になりました。
今は、社会復帰して仕事にもつき、結婚もして、夫婦と介助犬のさくらと3人家族で暮らしています。
ゆる~く気まぐれに投稿しておりますので、ゆる~く、なにげな~くご覧になっていただければ幸いでございます。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。