スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

車椅子マークの駐車場

最近は何処に出かけても、必ずといっていいほど見かけるようになった車椅子駐車場ですが、皆様はなんの為にこういった駐車場が存在するかご存知でしょうか?

左の写真を見ても分かる通り、一般的な駐車場よりも幅が広く取られているのが分かると思いますが、なぜこのような駐車場が必要なのでしょうか?

僕の今までの経験で言うと、こういった駐車場の存在理由と、利用者について正確に答えらるるという方は、多くても10人中3人ぐらいでした。ただ最近は、スーパーや、ファミレスや、娯楽施設などでもこういった駐車場を設置していただいているので、「見かけた事はある…」と答えていただける方なら、かなり多くいらっしゃると思います。僕は人前でお話をさせていただく機会がある度に、こういった駐車場の存在に触れるのですが、まだまだ認知されていない駐車場なのだと、改めて認識させられます。

よく、見た目全くの健康そうな若者や、足腰が丈夫そうに見える方々が、ごく当たり前のように車椅子マークの駐車場に止めているのを見かけますが、そもそもなんの為に、または、どういった利用者の為に設置してある駐車場かが知れ渡っていなければ、いつまでたってもこういった問題は無くならないのだと思います。

ところで初めの質問に戻りますが、皆様はこの車椅子(障害者)マークのついた駐車場は、どういった方が必要としている駐車場かご存知でしょうか?

答えは、車椅子を利用する者が自動車に乗り込むには、車椅子と自動車座席間の移動距離を最小にしたい為、ドアを最大に開けて少しでも座席に近い位置に車椅子を着けたいから、こういった幅の広い駐車場が必要なのです。

こういった話をすると、ドアを最大限に広げることは知っていても、移動距離を最小限にしたいから…ということまでは知らなかったという方が多く、中には駐車場の幅が広いことも知らなかったという方もおられます。これだけ多く見られるようになった車椅子マークの付いた駐車場ですが、なぜ、こんなに認識が浸透していないんだろうと、時に不思議に思うこともあります。

いっそのこと、自動車免許取得の際の必修項目にでもしていただければ、もう少し認識も深まるかもしれません。

そういえば、先日地元の福祉啓発施設に、静岡県が作ったこんなチラシがありました。



※このチラシは平成16年後頃から配布されているものなので、お問い合わせ先等が、現在も有効な連絡先かどうかは不明です。

車椅子マークの付いた駐車場は、誰の為に、なぜ必要なのか?

今後も、こういったことを伝え続けて行きたいと思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

MOCHIZOU

Author:MOCHIZOU
元々ほかのサイトで「ユニバーサルデザインと介助犬」というブログを開設していたMOCHIZOUと申します。
「ケイソンな車いす生活」をご覧頂きありがとうございます。
ケイソンとは頚椎損傷の略で、1991年のバイクによる交通事故によって頸椎を骨折した際の中枢神経損傷により頚椎損傷、つまり、手足や身体が麻痺して動かなくなってしまった「ケイソン」になりました。
今は、社会復帰して仕事にもつき、結婚もして、夫婦と介助犬のさくらと3人家族で暮らしています。
ゆる~く気まぐれに投稿しておりますので、ゆる~く、なにげな~くご覧になっていただければ幸いでございます。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。