スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ユニバーサルデザインは誰の為?

現在、広く知られているユニバーサルデザインという言葉ですが、その真意についてまで詳しい方はあまり多くはいらっしゃらないと思います。

詳しくはここでの書くまでもなく「ユニバーサルデザインとは」と検索して頂ければ、とても詳しく解説されていますので、あえてここでは書きませんが、要するに「言語、国籍、年齢、性別、障害の有無や、知識や、経験に関係なく、誰もが安全に安心して使う(利用する)事が出来る、物や、設備(施設)や、サービス」という事だと思います。

日本では約15年ほど前から浸透し始め、最近では多くのユニバーサルデザインを取り入れた物や商品が増え、サービスや設備(施設)も整えられて、街づくりにも反映されているので、とても暮らしやすい世の中になりました。僕の様な障害がある者にとっては嬉しい限りです。

ただ、少しだけ残念なこともあります。

皆様は、ユニバーサルデザインは誰の為?と思われるでしょうか?

僕の主観ですが、世の中にユニバーサルデザインとされている物のなかには、「これのどこがユニバーサルデザインなのだろう?」と考えてしまう商品があります。

他にも、車椅子では入る事の出来ない身障者用トイレや、車椅子やベビーカーに配慮されて作ってあるスロープの先にある段差や、車椅子マークのついた駐車場に、健常者の車が停められない(障害者も停められない)ように置いてあるカラーコーンなど…、いったい誰の為に作り、何の為に存在しているのでしょうか?

僕は、ユニバーサルデザインには大きく分けて2つの要素があると考えます。

それは、建物や設備、施設、物、システムなどのハード面(物理的)のユニバーサルデザインと、それを使う人の気持ちを考えて、デザインしたり、取り入れたり、維持管理したり、周りの人々が他人に対し配慮する心などのソフト面(心)のユニバーサルデザイン。

このハード的要素と、ソフト的要素の2つの要素が合わさって、初めてユニバーサルデザインが完成するのではないのでしょうか…。逆にいえば、どちらかが欠けていればユニバーサルデザインとはいえない代物になってしまうといえるでしょう。

アメリカでユニバーサルデザインの考えが発足して約20年。人間でいえばやっと成人式を迎えたぐらいで、まだまだ未熟な面が多く、追求の余地も多いテーマです。したがって、常に完璧なパフォーマンスを発揮するユニバーサルデザインはまだまだ少ないとは思います。しかしいつの日か、ユニバーサルデザインを追求し続けた末に、このユニバーサルアイディア(R)から、完璧なユニバーサルデザインが発信出来る日がくるように努力し、日々研究し続けていきたいと思っております。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

MOCHIZOU

Author:MOCHIZOU
元々ほかのサイトで「ユニバーサルデザインと介助犬」というブログを開設していたMOCHIZOUと申します。
「ケイソンな車いす生活」をご覧頂きありがとうございます。
ケイソンとは頚椎損傷の略で、1991年のバイクによる交通事故によって頸椎を骨折した際の中枢神経損傷により頚椎損傷、つまり、手足や身体が麻痺して動かなくなってしまった「ケイソン」になりました。
今は、社会復帰して仕事にもつき、結婚もして、夫婦と介助犬のさくらと3人家族で暮らしています。
ゆる~く気まぐれに投稿しておりますので、ゆる~く、なにげな~くご覧になっていただければ幸いでございます。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。