スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

街の中のユニバーサルデザイン

近年、街中のいたる所にユニバーサルデザインを取り入れた、設備などを見かけるようになりました。



たとえばこの上記の写真、平らで車道側への水こう配も少なく、車道との違いを色のコントラストで明確にしている歩道や、車道と歩道の段差も少なく、車道と歩道の境に景観に配慮した車止めを設置してあり、黄色い点字ブロックを引き立たせるように引かれたダークグレーのラインに、利用者や利用スタイルを表したピクトグラムなどなどなど、実用的なユニバーサルデザインだけではなく景観にもマッチするようなトータルデザインが施されている素晴らしい道です。

健常者の方々にとってはあまり気にならない要素かもしれませんが、昨今このようにユニバーサルデザインを取り入れた設備、物、コト、サービスが爆発的に増えてきています。

ところで日本にユニバーサルデザインという言葉が一般的に使われるようになって十数年、上記のように驚くほどの勢いで世の中に浸透していったこの考えですが、浸透するスピードが速すぎたのか、残念ながら未だにその意味が正しく伝わりきれていないように感じる事が多々あります。

そういった理由を上げ始めればればキリがないのですが、例えばバリアフリーとユニバーサルデザインを混同して捉えたり、ユニバーサルデザインは障害者や高齢者だけのものと捉えられたりと、そういった点だけをとってもまだまだ浸透していないのだと感じてしまいます。

以前に書いたこのブログ内の記事の繰り返しになりますが、ユニバーサルデザインは一部の高齢者や障害を持つ方だけの物ではありません。

それは誰にとっとも使いやすいように考えて配慮された物やコトです。

だから、街の中や生活の中にあふれるユニバーサルデザインを積極的に使ってほしいのです。そうすることによって、社会全体が人に優しい物やコト、しいては環境にも優しい物のデザインについてより真剣に考え、やがてそれが暮らしやすい社会や環境づくりへと繋がっていきます。つまりユニバーサルデザインや環境に配慮された物やことを選ぶというのは、今の自分や未来の自分にとっても有意義な選択となり、その選択自体が大きな社会貢献への小さな入り口となります。

人に優しいデザインや環境に配慮された物やコトを見極め、積極的に選択して使ってください。  明日の自分のために。そして、未来のために。

☆★☆ご訪問ありがとうございます!☆★☆
下記のブログランキングに参加しております。
↓クリックして応援してくださると嬉しいです!
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

MOCHIZOU

Author:MOCHIZOU
元々ほかのサイトで「ユニバーサルデザインと介助犬」というブログを開設していたMOCHIZOUと申します。
「ケイソンな車いす生活」をご覧頂きありがとうございます。
ケイソンとは頚椎損傷の略で、1991年のバイクによる交通事故によって頸椎を骨折した際の中枢神経損傷により頚椎損傷、つまり、手足や身体が麻痺して動かなくなってしまった「ケイソン」になりました。
今は、社会復帰して仕事にもつき、結婚もして、夫婦と介助犬のさくらと3人家族で暮らしています。
ゆる~く気まぐれに投稿しておりますので、ゆる~く、なにげな~くご覧になっていただければ幸いでございます。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。