スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高速道路の機能的な多目的トイレ

いつも仕事などで静岡から東京へ行く際には、自動車を自分で運転して東名高速を利用しているのですが、ここ最近特に、次々と充実していくサービスエリアに感心するばかりです。

サービスエリアの内容に関しては多くのテレビで紹介されていますが、そういったテレビ受けする内容ではないところも次々と充実しています。

例えば、車椅子マークの駐車場。主要施設に近い場所にあり、雨が降っていても良いように屋根付きで、主要施設に入るまで濡れないように屋根が設置されています。なぜって?車椅子を操作しながら傘をさすことが大変だからです。だから、車椅子マークの駐車場には車椅子利用者が乗っていない限り停めないでいてほしいのですが、まだまだよく理解していない方が多く、障害者手帳は持っていても歩ける方や、高齢だけど元気な方が停められているのをよく見かけます。

まあ、人それぞれ色々な事情があるので、一概にすべていけないとはいえませんが、もう少し明確なルールが欲しいものです。

ちょっと話が脱線しましたが、僕が最も感心しているのは、多目的トイレの充実です。

一昔前は、車椅子利用者が使えるような公共トイレというと、暗くて、臭くて、汚い場所というのが当たり前だったのですが、最近は多目的トイレと名称を変え、車椅子利用者はもちろん、子供連れの親子や、認知症状がある高齢者と介助者(家族)や、人工肛門などを付けている方々など様々な方の利用を想定して大変機能的に作られています。

例えばこちらの台⇒

折り畳み式で普段は収納されていますが、例えば足が不自由な方で大人用おむつをしている方がおむつ交換などをするには、こういった台は必要不可欠な台なのです。

このように、様々な方の利用を考え、誰もが使いやすいように考えて作られた、ユニバーサルデザインのお手本のようなトイレが、東名高速道路のほぼすべてのサービスエリアに備わっています。

障害を持つドライバーにとって、トイレの充実程ありがたいことはありません。こういったトイレの拡充にご尽力くださった方々に感謝するばかりです。

一昔前から比べて、ユニバーサルデザインとか、エコとか、自分以外の誰かを思いやる施設や街づくりが日進月歩で進んでいます。

明日はが身、未来の自分のために、未来の子供たちのために、もっともっと暮らしやすい社会造りが進化していって欲しいものです。


☆★☆ご訪問ありがとうございます!☆★☆
下記のブログランキングに参加しております。
↓クリックして応援してくださると嬉しいです!
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

MOCHIZOU

Author:MOCHIZOU
元々ほかのサイトで「ユニバーサルデザインと介助犬」というブログを開設していたMOCHIZOUと申します。
「ケイソンな車いす生活」をご覧頂きありがとうございます。
ケイソンとは頚椎損傷の略で、1991年のバイクによる交通事故によって頸椎を骨折した際の中枢神経損傷により頚椎損傷、つまり、手足や身体が麻痺して動かなくなってしまった「ケイソン」になりました。
今は、社会復帰して仕事にもつき、結婚もして、夫婦と介助犬のさくらと3人家族で暮らしています。
ゆる~く気まぐれに投稿しておりますので、ゆる~く、なにげな~くご覧になっていただければ幸いでございます。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。